ページ内を移動するためのリンクです。

  1. ホーム
  2. 健康と病気
  3. 心不全を知って、予防?治療しよう

心不全を知って、予防?治療しよう総合監修:かわぐち心臓呼吸器病院
内科統括部長?循環器内科部長?副院長 佐藤 直樹 先生

Message from 佐藤直樹先生

寒さが少しずつ厳しくなり、本格的な冬の訪れを感じられる季節となりました。冬場は温かい室内と、外気との気温差が大きくなり、血圧が上下することで心臓に負担がかかりやすくなります。また、風邪やインフルエンザなどの感染症は心不全を増悪させる危険因子です。一般的に、心臓に関わる疾患は冬に発症が増えると言われていますが、心不全も例外ではなく血圧の急上昇による悪化だけでなく、冬に多い感染症も悪化に関連していると言われています。予防のための手洗いやうがいと合わせて、インフルエンザや肺炎球菌のワクチンを接種することがすすめられています。感染症を予防し、いつもとは体調が異なると感じたら早めに医療機関を受診しましょう。心不全のサインである「むくみ」「息切れ」「だるさ」といった症状を日ごろから注意深く観察し、将来の心不全を予防し、再発させない生活と治療を心がけましょう。

心不全の定義

心不全とは、心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気です。

心不全の症状

初期に見られる症状に「むくみ」「息切れ」があります。その他に、「だるさ」や「疲れやすさ」という症状が出ることもあります。

心不全の予防と治療

高血圧、糖尿病、慢性腎臓病(CKD)、心筋梗塞などにひそむ、「かくれ心不全」が増えています。心不全は一度発症すると、入退院をくり返し、だんだん悪くなり、生命を縮めます。心不全を発症させない?再発させない予防や治療が大切です。

心不全についてもっと知る

近年、増加している心不全。心不全の病態や治療について解説します。

2020年2月SS1911772

黑粗硬大欧美在线视频-黑粗硬大超爽视频